今度こそアポに関するお話。

最初から言って結果はゼロだ。

 

5人アポって確かに二人で飲みにまでは行った。

 

さし飲みにまでは行ったのだ。

 

一人目は何が起きたかというとスタート前に課題があるという話で早めに上がらなければいけないという話で結局自分が引いてしまった。

 

二人目は会話を楽しんでしまいいい気分に酔って私がだるくなり終了。

 

三人目は終電まで飲んで終了。

 

四人は途中から友達参戦で終了。

 

五人目は私が酔って終了である。

 

つまり総じて何が悪いのかというとそもそもチキンなのである。

完全にフレンドシップ作戦を行っているのだ。

  

 

様々な反省点はあるのだけども一番の問題は私自身がテクニックなどを無視して、純粋に会話を楽しんでいることである。

 

 

はっきり行って上のツイート通りでありエロい方向に持っていかなきゃ起きることも起きない。

会話を楽しむことは大いに良いことだとは思うのだが肝心のフェイズの切り替えが自分にはできてないのだ。

また結構思ったことは既存の女友達は気軽にバンバン連れ出すことが可能そうでならばおそらく自分の評価は低くはないはずである。

 

もしかしたら友達としての評価の可能性もあるが笑

 

また金銭的に奢るなどは一切していないことからまだ完全なATMとはいえないだろう。

もう少し戦略的に動いていきたい。

 

「お前みたいなモテない男が、非モテコミットした女にアプローチするときにやる、唯一の戦略だよ。まずはセックスしたいなんておくびも出さずに、親切にしたりして友達になろうとする。それで友達としての親密度をどんどん深めていって、最後に告白したり彼女になってもらい、セックスしようとする戦略のことだ。」

出典:ぼくは愛を証明してみようと思う